ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年01月10日

「 池上彰の日経・必修教養講座「現代日本を知るために」から・・・ 」

20100501154051_00_400.jpg


国の形を築いた田中角栄・・・


『田中角栄の時代は、思えば幸せな時代でした。


経済が成長する中で、人々は利益の配分を受けることが出来たからです。


いまは、少子高齢化が進んで社会福祉の費用が増え続ける一方、


国債の発行残高が増え続けるばかり、


国民の多くは利益の配分を受ける立場には立てなくなってしまいました。


田中角栄の死後も彼が描いた国土のグランドデザインにもとづき、


日本列島改造が進められ、その典型が「整備新幹線」計画で今も工事が進んでいます』


PS:アメリカに対して言うことを聞かなかった政治家というのは田中角栄くらいかな?

   だからアメリカにリークされ逮捕され、政治生命を断たれてしまった。

   立花隆の「文藝春秋」で総理の座を降りたのも、今から思うとアメリカの後ろ盾も?

   この国で無難に続いている政治家というのは、

   アメリカに対して、従順でシッポを振るだけのポチなのでしょう・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得