ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年01月26日

「 2006年公開のドイツ映画『みえない雲』・・・ 」

spring2013_pre.jpg


通販生活の1年間(3冊)の購読料545円で、

 「みえない雲」のDVDが安価で手に入った・・・


原発や放射能について、日本とドイツでは考え方が明らかに違うという映画だった。


フクシマの人たちが見たら、どうだろうか?親や子が見たら、どうだろうか?


子供たちにとっては、直ぐに影響しないから、見えないからでは済まされない事態である。


放射線イコール、ガンという認識も随分と違いがある。ガンは簡単な病ではないはずだ。


フクシマに住まなければいけないのなら、きれいな食物を選んで、定期検診を受けよう。


早期発見ならガンは治る病でもある。これは国が民を思う気持ちの問題である・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得