ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年02月22日

「 日経新聞記事から・・・ 」

mig.jpg


◆「電力会社の燃料費、足元を見られている」と、

 電気料金審査専門委員会・委員長の安念潤司 中央大教授


Q=関西電力・九州電力の値上げ申請で最大の論戦はどこか。


A=燃料だ。火力発電所に使う燃料を出来るだけ安く調達してもらう必要がある。


  石油や液化天然ガス(LNG)の売主は相手が電力会社の場合、


  原価を容易に電気料に織り込めることを見透かして、高い値段で売っている。


  電力会社は足元を見られているという印象がぬぐえない。


PS:と言うよりも、電気会社としたら火力発電よりも原子力発電でやりたいのだから、

   必然と、どうでもよくっていい加減になるのは、当たり前の話。

   政府が原発をやめない限り、火力発電の燃料費はどうでもいいのだ・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得