ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年04月08日

「 ある日の二人の政治家の談・・・ 」

sishihara01.jpg

石原慎太郎・・・


『おれはもう、首相を目指す体力はない。


自分のこと特殊兵器だと思っているが、自民党がそれを使いきれなかった。


僕は橋下君を首相にしたい。度胸があるし命がけで仕事をしている。


橋下君をもり立てていくのが政治家としての最後の仕事だ。


参院選を実りあるものとするためにやっぱり橋下君に立候補してほしい』


stt0905311800003p61.jpg

小泉進次郎・・・


『私は、平野達男前復興相を参院選岩手選挙区で支持することは反対だ。


民主党(政権)だから復興が加速しないと自民党は言ってきた。筋が通らない。


岩手県選出の小沢一郎への対抗策という意味もあるが、


小沢氏を倒そうとしなくてもいずれ倒れる。


過去の人といつまでも戦っていても自民党は変わらない』


PS:石原さんの言う、この日本のためであるならば、そうならば。

   大阪市民は「小異を捨てて大同に就く」、市長より総理に!

   小泉さんぶれない、若いけどそれだけでも立派な政治家だ・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得