ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年05月15日

「 古賀茂明さんの「日本再生を考えるメルマガ」から・・・ 」

PN2011092201001098_-_-_CI0003.jpg


96条改正の意味するところ・・・


『憲法改正の手続きは96条に書いてある。


衆参両議院が各総議員の3分の2以上の賛成を得た場合に改正法を国会が発議し、


国民投票を実施してその過半数の賛成があれば、改正されることになっている。


通常の法律よりも改正が難しくなっているのは、


憲法が国の最高規範であって、時の政権や国会議員の多数が賛成するからといって、


軽々しく変更することは国民にとって危険だという発想が根底にあるからであろう。


また、法律と同じ手続きにすると、政権が変わるたびに、


憲法が改正されるということにもなりかねないという配慮もある。


こうした考えに立てば、改正をやりやすくするのは、慎重に考えなければならない。』


PS:そこで、橋下さんも言っているように、「政治家の立場で憲法を論じている。

   僕は一般の市民の立場に立って憲法を考えたい。自民党の憲法観は危険だ」と。

   “マンション建て替えの円滑法”とは全然違うとじぶんも、そう思う。(笑)

   何を変えたらいいのかの議論をせず、手続きだけを先行するのは少し怖いです・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得