ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年05月24日

「 1人開業の基準緩和の声を大きくしょう・・・ 」

top.jpg


「開業看護師を育てる会」


『私たち「開業看護師を育てる会」は、患者さんの必要性に応えるために、


看護師も、医師や助産師と同じように、1人でもステーションを開設できるよう、


厚生労働省令の改革を求めて来ました。特に全国の約4割の市町村には、


ステーションがなく、一刻も早い改正が待ち望まれているのです。


病院での看護師不足も社会問題になっていますが、


看護師約200万人のうち3割に当たる約60万人は、


育児などのために実働していないのが現実です。


彼女たちが1日3~4時間、週に3~4回でも近所の患者さんのもとを、


友達のように訪問することができれば地域にお手伝いができて、


看護師全体の社会的評価も上がることになるだろう。』


(開業看護師を育てる会・会長菅原由美さん)


PS:在宅患者とすれ、近くにステーションがあれば有難いし、

   日頃から関係を持っているということが救急対策を含めた対応にも応えられる・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得