ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年06月06日

「 セブンイレブンのロゴマークはいったいどれ? 」

imageCAJJ3UXA.jpg

上のロゴマークはセブンのHPで使っているロゴマークなのですが、

円の中に入っていたり、小文字の「i 」が入っていたりしているのもある。

ユニホームには7とELEVENしか入っていないマークが胸元に大きく付いている。

ELEVENの下に小さくⓇが付いているので多分これが基本ロゴマークなのだろう。

佐藤可士和という有名なデザイナーが監修したものだそうで、

普通のロゴマークの展開の仕方からすると、これまたセブンらしく型破りなのである。


型破りというか、常識にとらわれないことがセブンだという。


『「業界の常識にとらわれすぎている」ことです。

・小(コンビニ)が大(スーパー)を兼ねることはできない。

・日本にはたくさんの中小商店があるのになぜコンビニを出すのか。

・(値引き販売が全盛のスーパーの時代に)定価販売では商売にならないし、スーパーとコンビニの共存共栄などありえない。

・・・日経の記者は最後に、セブンイレブンの成長の軌跡は常識を否定し、

反対派を説得し続けてきた歴史です。と結んでいた』 (日経新聞「未来」から抜粋)


PS:セブンの水道光熱費は本部80% 加盟店20%で、ファミマは加盟店が100%。

   店舗が多いほどファミマの経営は、ううう~ん、苦、苦るしいィ~~~~~~~~


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得