ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年06月14日

「 「強い国」か。「賢い国」か。 」

賢い国.jpg


「賢い国民は賢い政党を選ぶ」・・・と、なだいなださん。


『・・・まず、「強い国」になるには、最先端の武器をそろえるお金がいる。


それには強力な経済成長が必要である。


それには原発の再稼動がかかせないというのが、強い国の宰相の考えなんだろう。


それに比べたら、「賢い国」になるためには、とくにお金はいらない。


知恵と品性があればいい。


そんなことを今の政党に求めても無理じゃないかと、決めつけることはない・・・』


PS:天野さんは容易に、「知恵と品性があれば」と言うが、

  今の格差社会では、「知恵も品性も」、豊かなところにしか育だっていない気がする。

  また、なだいなださんの言葉からは、国民は賢い政党を選んでいないので

  豊かな人たちがいるにも関わらず、ほとんどが賢い国民ではなさそうである。と、

 言えるようです・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得