ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年07月05日

「 質屋偽装ヤミ金摘発。 」

yamikinirasuto.jpg


高齢者向け融資の充実を・・・


お金持ちの層の話でもなく、中流層の話でもなく、

これは生活保護者層の一つ上の層に起こった話です・・・


『 質屋の看板で、実質はヤミ金融をやっている業者に高齢者の年金が取られている。


質屋運営会社の経営者らを超金利受領などの疑いで逮捕した。


容疑は貸金業の登録をせず60~70代の人たちに貸金業で許された、


年20%の6~8倍の利息を得た、というものだ。


被害者が約1万人に上り被害金額は約80億円にもなるという。


 その手口は、質屋偽装ヤミ金業者らは故障した時計や100円ショップの商品など、


ほとんど価値のない質物を預かって金を貸す。代わりに、


年金受給日に利息や元本を自動引き落としする契約を結んでいたという。』


(朝日新聞の「記者有論」から・・・)


PS:この記事のタイトルは「高齢者向け融資の充実を」というが、

   高齢者になってまで、金を借りないことが一番なのです・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得