ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年07月28日

「 語るほどの夢や希望がなくても人は生きる・・・ 」

ホテル~1.JPG


・客は陽が高くても夜を求めてここに来る。


・後ろめたさを覆う蓋に金を払う。


・廃墟のホテルでヌード撮影をするカップル。


・寺を維持するために檀家集に体をひらく住職の妻。


・数年ぶりに束の間の時間に肌をあわせる夫婦。


・行き場のない女子高生と、妻に浮気された教師。


・湿原を背に立つ北国のラブホテルを通り過ぎていく男と女の一瞬の煌を描く。


第149回直木賞受賞・桜木紫乃「ホテルローヤル」・定価1470円(税込)


PS:今も昔も変わらぬラブホテルでの人間模様、それで?という感じがしないでもない。

   うちの店近くで最近目立つのが、お姉ちゃんと白髪のおじいちゃんのカップル、

   だとすると、おばあちゃんは?という疑問が大いに残るが、

   それはそれ、男は勝手でいい加減、女性は、「アンタは偉い!」と思います・・・


.

.

.

FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得