ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年08月11日

「 東日本大震災から2年と5ヶ月が経ちました・・・ 」

2年と5ヶ月.jpg


朝日新聞厚生文化事業団の東日本大震災救援事業へ4回目としまして。

ファミリーマート新北野一丁目店を代表して 6万4621円を寄付致しました。



「忘れないこと」が、被災した皆さんに喜ばれるのであれば、お易い御用です。


引き続き義援金のご協力を、よろしくお願い致します。



「大熊町は放射線が高いままなので、帰りたくても帰れません。


中間施設を大熊町に造ることを検討して欲しい。


その代わり、町民が新たに定住する場所を、政府の責任で確保して欲しい」


(木幡ますみさんの、元細野原発事故担当大臣への発言)


 木幡さんにしたら、東電や国への怒りはあるが、


一番汚れている場所からゴミを持ち出すより、汚れた場所に持ち込んだほうが、


放射能の拡散は少なくなる。戻れない場所にこだわって時間を無駄にするべきではない。


そう合理的に考えただけだった・・・朝日新聞「プリメテウスの罠」から


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得