ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年08月16日

「 「私の視点」から・・・ 」

n01.jpg


映画「立候補」プロデューサー・木野内 哲也さん


『 世の中を変えるのは結局、選挙ではなく、芸術や文化なのではないか。


チェ・ゲバラは詩を愛読していたし、トルストイは政治にもおきな影響を与えている。


日本は、社会の同調圧力に石を投げ込む芸術家や文学の力がとても弱い。


民主主義や選挙制度について議論する前に、


私たちはこのことをもっと深刻に受け止めるべきだろう』


PS:ずっと思っていたことを、木野内さんにズバッと纏めて頂いたという思いがして、

   エントリーさせて頂きました。

   「日本人は同調圧力が強く、個性が認められない」と、

   よくそんな話を外国人から聞くことが多いのも、そう言うことなのです・・・

同調圧力とは、職場などある特定のグループにおいて意思決定を行う際に、

少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得