ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年10月19日

「 学生運動への疑問・・・ 」

t02200330_0800120011997135549.jpg


漫画家・池田理代子(65)


『 すねをかじる人が運動するのはどうかという思いもあった。


自分の父親のことを「資本主義の犬」って言った学生がいたんですけど、


「父親に食わしてもらって、何言ってんだよ」と思いました。すごい恥ずかしい。


社会とか親とか批判するなら、まず自分で食べるのが最低の条件だろうと。


でも、そういうことを同級生とはあまり話しませんでした。


ノンポリの人は学校に来ないし、来ている人は(反共産党の)三派系ばかりでした』


PS:学生運動が華やかしい頃、東京のスタジオで催涙弾立ち込める中、

   徹夜明けになるデザインの仕事をしていました。仕事は楽しかったのですが、

   「すねかじりでも、遊びの学生運動。やりたいなァ~」と思っていました・・・

.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得