ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年11月27日

「 飛行機VS新幹線は国内では鉄道の勝ちかな・・・ 」

top_bnr01.jpgtop_bnr02.jpg


航空機サバイバル(朝日・「迫真」から・・・)


「横揺れしなくなったぞ、参ったな」。日本航空の国内線担当執行役員が、

出張で久しぶりに使った新幹線の乗り心地にため息をついた。

新幹線との戦いは航空機の敗北の歴史だ。

03年の品川駅開業とのぞみの大増発。東京ー広島はそれまで航空機利用が6割だった。

今は、新幹線が6割と形勢が完全に逆転した。

乗車時間が3時間を切ると新幹線に利用者が流れるようになるという。

「北陸でも同じことが起きるのでは」と事業計画を練る日航現場にも焦りが広がる。

27年にはリニア中央新幹線が開通し、次元を超えたスピード時代に入る・・・


PS:天野祐吉さんのいう、「成長から成熟へ」と考えると、もうリニアは要らない。

   そうすれば、国内でも航空会社が生き残り、鉄道会社も良いわけで、

   相手を負かすまで行かなくても、いいのではないかと思っている。

   それが「成熟」というものではないだろうか・・・

   「成長」は常にしんどい、「成熟」は楽だ。1回きりの人生留まることもいいもんだよ・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得