ファミマル公平のひとり言

戻る

2013年12月04日

「 もう、言ってもいいでしょう。 」

32008c23.png


「食材の違いを見分ける力を」と、

  食の安全を考えるネットワークの横田 哲治さん(朝日「私の視点」から)


『 偽装が明らかになった高級ホテルの総支配人は、


「日本独特の事情がある。日本人は高い品質にこだわる傾向があり、


食材の細かさ、複雑さがあった」と弁明していた。


食品偽装は決して許されることではないが、仮に指摘通りなのだとしたら、


私たちはそのこだわりに見合うだけの、違いを感知できる力を身につけたいものだという』が、


PS:そんな能力を持てるのは特別な人だけだよ、ほとんどの人が騙されていた。

   金とヒマのある人がやってくれ、あのホテルは最高だったという前に・・・

   建前に騙されるより、『旨けりゃいいんだからさ!』とホリエモンさん。


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得