ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年02月02日

「 厚生労働省・・・ 」

img_7ba18f45f61bd864b9d8f8803e7d016e23939.jpg


診療報酬の中身を見直せ・・・(日経新聞「大機小機」から)


『 日本の医療機は総額42兆円である。 これを保険料20兆円、


公費(税金など)16兆円、患者の自己負担5兆円、残りはファイナンスしている。


診察報酬を1%上げると当然のことだが医療機関などの収入は4200億円増える。


一方で、これを補うために保険料2000億円、税金1600億円、


そして患者の自己負担が500億円増える計算になる。


この4月からは消費税も上がり、家計の負担が増す。こうした中での、


診療報酬のプラス改定には大義名分が全くない。


報酬体系の中身をしっかりと見直すことが必要である・・・』


PS:「診療報酬の中身を見直せ」と言うのは、仕事をしてもらわないと困るという声である。

   毎度毎度同じことを言うが、ホンマにお役人は仕事をしなさ過ぎる。

   お役人がシッカリと仕事をして頂ければ、この国も少しは明るくなるはずだ。

   学歴もある賢い人が沢山いるのにやらない。もったいない話ではあります・・・


.

.

.


   

FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得