ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年02月26日

「 介護保険・・・ 」

000053286GFDSA.bmp


介護保険を取り巻く環境は、

 上のイラストのような明るい様子ではなさそうです・・・


 先ず、介護する側のお年寄りが金持ちならば、誰か身内が介護を申し出るが、


カネがないとなると、介護される側は人からモノに変わる。それが今の現実だ。


介護ビジネスをする企業もカネ儲けに目がなく、ケアマネに無理難題をいう。


しかも、ケアマネは長時間労働で賃金は安く過酷だ。


 新聞の記事によれば、ケアマネが施設などの言いなりになって介護保険料を、


ふくらませるのを防ぐねらいで、特定の事業所のサービスを9割以上つけると、


介護報酬を減らすよう09年に基準をあらためた。


しかし、介護の現場では「9割までは特定の事業所につけてもいい」と受け止められ、


逆に「ひもつき容認」という解釈が広がった。これは、いつものお役人のやり方、


既得権益の人たちだけにグレーゾーンを増やしているのである・・・


PS:実は秘密保護法もこのグレーゾーンを都合良く解釈出来るので怖いのです。


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得