ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年03月04日

「 返品に困るアメリカ事情 」


ワードロービングとは・・・


ワードロービング・・・高額な衣料や家電製品を購入して短期間だけ使い、欠陥などがないのに、返品期間が切れる直前に店側に返却し、お金の払い戻しを受ける行為。店の衣料などを家庭の洋服ダンス(ワードローブ)の中にあるもののように使うことから名付けられた。


『 アメリカの小売業界が悪質な返品と戦っている。


返品を装った詐欺による、2013年の損失額は約9200億円。


米国の消費者の間では、商品に不良品がなくても、買った商品が気に入らなければ、


返品するのは日常的な行為。各小売業店も日本の小売業より簡単に返品を受け付ける』


(朝日新聞から)


PS:少し見方を変えて・・・毎年アメリカのクリスマス商戦は好調だとか言うが、

   その時に売れた金額だけで好調だと言っている風があり、

   その後の、ワードロービングによる山のような返品金額はマスコミも何も言っていない。

   まさに、アメリカのクリスマス商戦の数字はインチキだった・・・(笑)


.

.

.

FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得