ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年04月22日

「 スーパー事業苦戦する。 」

20121023IONKAIZUKA.JPG


◆買い物の主な舞台がスーパーからコンビニに移りつつある・・・


「店が大きく、広い範囲から客を集めないといけない総合スーパーは、


客にとっては『時間のコスト』がかかるので不利である。


今後はコンビニなど小さい商圏で成り立つ業態が伸びる」


PS:コンビニを経営する側も笑っていられる時でなく、セブンの脅威を強く感じている。

  巷では、もう勝負は終わっていると言われているし、

  2位と3位がくっついてとか、対抗する案が飛び交っている。

  今度こそ最後だ!10年というが早ければ5年で大勢が決まる・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得