ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年05月26日

「 糸井重里さんの5月19日「今日のダーリン」から 」

2FC76BC6.JPG


「大会社病」という言葉がある。あまりいい意味では使われない。


 零細な中小企業で、うまくいってないことで、


大企業はあたり前のようにやっていることが幾つかある・・・


・しっかりと給料がもらえること。


・安心して個人の生活が送れる時間があること。


・残業しないで有給休暇がちゃんととれること。


・病気や事故、家族の出産育児、冠婚葬祭に十分時間が取れること。


・仕事をするための環境が整っていること。


・保養や娯楽の設備や施設が整っていること。


・健康や医療についてのバックアップが十分にあること。


・・・そうなると思って小さい会社は 頑張っているのですが、


おそらく、そういう過程で「大会社病」が忍び寄ってくる。


それが、大人になってからの成人病だとか、


栄養が回るようになってからの文明病だとか、を生みだしている。


困ったもので、大きくなってもすべて良しとはいかないものだ・・・(笑)


※「今日のダーリン」からアイデアと文章を参考にさせて頂きました。


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得