ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年07月03日

「 幻のSTAP細胞。 」

96958A9C93819595E2E7E2E3808DE2E7E2E1E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSXBZO6779616005032014I00001-PN1-8.JPG


ノーベル賞の山中教授に対する笹井副センター長の対抗心・・・


 笹井は36歳の若さで京都医学部の教授にな就任したエリートだった。


万能細胞の一つであるES細胞で次々と成果を上げていった。


2000年、再生医療の国内中核拠点としてCDBが発足するとともに移籍した。


 順風満帆だったが06年、京都大学教授の山中伸弥がiPS細胞の、作製に成功し、


逆風が吹き始めた。山中は12年にノーベル賞を受賞した。


再生医療研究で先頭を走ってきた笹井の存在感は薄くなっていった。


(朝日・「迫真」から抜粋・・・)


PS:だったら、若山教授や小保方研究ユニットリーダーはその尻馬に乗っただけ。


   馬鹿を見たのは若山教授や小保方ユニットリーダーだったのか?


   若山さんも小保方さんも研究者としての命は絶たれる。


   いやいや、小保方さんには「脱いで謝れ!」という下世話な声も聞こえてくる。


   「割ぽう着ヌード」という最後の手はある。撮影は篠山紀信で億は稼げる。


   全額を研究者たちに寄付すれば、幻だった小保方さんと末永く言い伝えられる・・・


.

.

.


FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得