ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年08月09日

「 女子ボクシング世界王座連続14回防衛した・小関桃さん(32) 」

THUMB-KYODO-2014080201001706-SPORTS.JPG


「『万が一』の時、誰に見られてもいいように、

 自分の部屋を整理してからリングに向かう」 小関 桃


 ファイトマネーが1千万円以上の試合もある男子と違い、女子は良くて100万円ほど。


将来に備えて全額を貯蓄。実家で暮らしながら週に4日、福祉施設で調理のバイト。


「女子ボクシングを取り巻く環境を変えたい。存在を知ってもらいたい」。


まだ負けるわけにはいかないと、小柄な身体に志を込めて闘っている。


ネットでは、酷いボクシングだ!頭突きのボクシングはもうやめろ!の大合唱だったが、


朝日の記者・清水さんは、彼女の正当な戦いを評価して立派な記事にした・・・


・・・その、「ひと」から抜粋しました。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得