ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年08月12日

「 デフレ時代の勝ち組 」

BANNER03.GIF


『すき屋』の教訓から


 「過労死ライン」とされる月100時間を超える残業が珍しくもなかった。


大半の社員が24時間続けて働いてことがあり、家に2週間帰れなかった人もいる。


 労使協定を超える残業などで労働基準監督署からたびたび勧告を受けながら、


事態は改善されなかった。(各役所としての仕事のしさなすぎが問題でもあったし、


労基署など役所も、大には弱く、小には強い、いじめの体質が残っている(笑))


また、「すき屋」の従業員が「反乱」できたのも、アベノミクスという経済の持ち直しが、


あったからで、景気低迷が続いていれば問題はもっと深刻になっていた・・・


(新聞記事参考・・・)


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得