ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年09月05日

「 続、池上彰の新聞ななめ読み。 」

IKEGAMIAKIRANANAMEYOMI.JPG


【慰安婦報道検証】 訂正、遅きに失したのでは。


・過ちがあったのなら、訂正するのも当然。

・過ちを訂正するなら、謝罪もするべきでないか。

・問題は朝日の報道の過ちです。他社を引き合いに出すのは潔くありません。


 今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、


謝罪の言葉がありません。せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、


お詫びがなければ、試みは台無しです。朝日の記事が間違っていたからといって、


「慰安婦」と呼ばれた女性たちがいたことは事実です。これを今後も報道することは大事なことです。


 でも、新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。


これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか。


(急遽掲載されたコラムから抜粋しました・・・)


PS:新聞協会賞を3年連続で受賞している朝日新聞が、

   池上さんに優しくやんわり言われているようでは、

   朝日新聞社も朝日の記者たちも、ああ情けない・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得