ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年09月09日

「 『働く女性の全国センター』代表・栗田隆子さんの言葉 」

580EBD1950E89DB3A3AB2B0109F50127.JPG


政府がやるべきは、女性が安心して働ける環境をもっとつくること・・・


『 私は大学院まで進みました。学んだのは哲学です。


企業が求める即戦力とは縁遠かった。いざ働こうと、実家近くの船舶会社に、


履歴書を出したところ、〝高学歴(阪大卒)〟が、マイナスだったのか、丁重に断られ、


その後、非正規の派遣社員を続けました。


 一度だけ地方の新聞社に正社員として採用されたのですが、休日返上で働いたら、


喘息にかかってしまい、あえなく退職。大したスキルはない、身体が弱い、結婚しない、


という状況で、ライターやNGOでの仕事で、何んとか暮らしています。


 ただ私のような境遇は特別ではない。正社員の椅子が減り、


非正規雇用が増える一方、されどセーフティーネットが足りない社会が急速に広がり、


もがき苦しむ若い世代が急増しています。とりわけ女性は深刻です』


PS:難しい時代ではありますが、いい男性を見つけて結婚すること。

   あなたを生んだ両親が一番思って願っていること・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得