ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年10月07日

「 「既存店が落ちたら、出店はやめる」 」

20100422A.JPG 怒っている顔写真を時間をかけて探してみましたが、ほとんどが笑ってる顔で、それ風な顔はこれだけでした(笑)。


セブンイレブン鈴木会長、インタビューから・・・


『 僕は「既存店の売り上げが落ちるようだったら、もう出店はやめる」と言っている。


今年の8月は天候不順で売り上げが非常に落ちた。でも全体ではカバーできた。


震災などのやむを得ない事情では売り上げが落ちても仕方ないが、


それ以外の理由で、2ヶ月も3か月も落ちるようだったら出店はやめる。


 なぜならわれわれはフランチャイズ(FC)ビジネスだからだ。


われわれ本部が儲かればいいということはない。FCビジネスは加入して頂いている、


オーナーさんたちも一緒に利益が上がらないといけない・・・』


PS①:『フランチャイズビジネスというのは、圧倒的な力の差がある二者の、

    協力関係による事業である』という認識のもとに参加したものです・・・


PS②:コンビニ経営が儲かるなら本部直営でやる、出来ないところにポイントがある。

    加盟店側が、そのポイントを認識しているかしてないかである・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得