ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年10月08日

「 なぜダイエーが没したのか? 」

IMG_2 1326725285.JPG 大震災で神戸にあったダイエー店舗はすべて壊れたと神戸っ子の噂になった。


ダイエーの創業者の中内さんは天才的な事業家でした。


『 自分で不動産を取得し、土地の値上がりでお金を銀行から借り入れ、店舗に再投資する、


ダイエーのビジネスモデルは、右肩上がりのバブル経済が崩壊するとモロかった。


 日本人の生活も変わり、週末に大量のものを買うモデルから、単身者が増えて、


利便性が大事になり、コンビニの方が合うようになりました。


中内さんが追いかけてきた理想と、消費者や社会の変化がミスマッチを起し、


バブル崩壊後に一気に顕著化しました。』 と、元産業再生機構の冨山和彦さん


PS:でもなぜ、日本経済が輸出主導から消費主導に変わることを先読みしていた、

   天才的な事業家の中内さんが、誤ってしまったのか?

   裸の王様と、時代という流れだったのでは・・・


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得