ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年11月18日

「 大阪観光局長の加納さん、 」

TAIDAN2.JPG


約2700万円を自腹で穴埋めしたのは男前やと思う。


・久しぶりに、フランスの武士道『ノーブレス・オブリージュ』を見た気がしている・・・


【橋下市長と松井知事の肝いりで、経済界も出資した大阪観光局は昨年4月に発足した。

加納局長は香港政府観光局の日本・韓国地区長として手腕を発揮し初代局長に就いた】


橋下市長はこの問題に対して「凄い責任の取り方だ」と評価した。


市の土地信託事業の複合ビル「オーク200」が破綻して600億円越えの赤字を出した


ことを引き合いに、「賠償は誰が責任を負うのか。今まで誰も責任は取っていない」と、


語気を強めて、加納氏を擁護した。


アホの市議会からは、「自己負担したからといって責任を取ったことにはならない」と、


批判する声が上っているというが、アホいうな!


今まで損した大枚の借金は、すべて市民の税金で穴埋めしたではないか・・・アホ!


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得