ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年12月05日

「 イオン 」

AEON_MAKUHARI.JPG


創業8代目、募る危機感・・・ (記事から抜粋・・・)


 10月23日、イオンが千葉市の本社ビルで開いたグループ政策方針説明会で、


社長の岡田元也(63)は約300人の経営幹部に活を入れた・・・。


 イオンは新店に競争力があるものの、300以上ある既存店の大半はここ10年、


「目先の予算達成を優先し、抜本的な改装が計画通りになされてない。


数字合わせばかりの官僚化が進んでいる」と、ある役員は大企業病への懸念を示した。


一方、元也社長を支える経営幹部は「大きくなった会社の真ん中にいる殿ばっかりみて、


お客様の方を向くやつが減ったんと違うか」と憂いをあわらにした。


 急拡大とその過程で生じた様々なひずみ。イオンが大きな試練に直面しているという・・・。


PS:一番悪い状態は、企業が会社が『官僚化』することである。

   愚直に働き、無駄をせず、お客様目線を忘れずにいくことである。

   見ていると、拡大したところは何れも同じことで倒れている・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得