ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年12月12日

「 クリーンディーゼルなのに違うの? 」

PETBOTTLE.JPG


パリ市長、20年までにディーゼル車の一掃を目指すという。


 その昔、石原さんで有名になったディーゼル車から出る黒い粉じん。


最近では、クリーンなディーゼル車だと各社が声高に言い始めていた矢先、


大気汚染が危険水準に達したとして、パリの市長が2020年までに市内での、


ディーゼル車の通行を全面禁止にした。ということはクリーンではないのだ。


一番最近でも、ミニがディーゼル車を大々的に売り出したが気になるところだ。


この件に関して、古いディーゼルはダメで、新しく開発されたディーゼルは大丈夫だと、


車メーカーがディーゼル車のクリーン度を、しっかり説明しないと車を求める人は、


あの黒い粉じんが頭に浮かんで、気持ちよく車を走らせられないよ・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得