ファミマル公平のひとり言

戻る

2014年12月25日

「 国立競技場建て替え 」

WINNER_WORK_IMG_1.JPG 当初案

①B_BIRD_290_960.JPG 修正案


「ダイナミズム消えた」修正案・・・ (記事から・・・)


当初案に賛成者・「選んだ以上は、建築家ザハ・ハディドさんの傑作を造るべきです。

           最優秀賞に選ばれた案は運動競技のスピード感を呼び起こす、

           優れたデザインだと感じたが、修正案にはダイナミズムが消え失望した。

           列島の水没を待つ亀のような鈍重な姿だ。」

修正案に賛成者・「競技場としても、ホールとしても理想的でないものを、こんなコストを

           かけて造る意味はない。もとの計画に問題があり、早くやめるべきだ。」

当初案に賛成者・「巨大な二流の建物になるなら最大の無駄。やるなら世界に誇れるものを。

           本当に案を考えるなら建築界も一致団結する必要があるだろう。」


あなたなら、どちらに賛成ですか?


審査委員長であった安藤忠雄さんの言葉が大手術後なので余り聞こえてきません。


是非、安藤さんにどうなのかをお聞きしたいところです・・・


PS:自分は「巨大な二流の建物になるなら最大の無駄」という言葉にひかれますが・・・(笑)


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得