ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年01月10日

「 ホルモン焼きを拒み受け入れた。 」

HORUMONYAKI_OSAKA_P_1.JPG


焼き肉の原点はホルモン焼きから・・・


 原点は1947年頃の京都。家族で網を囲み、ホルモンを焼き、ほおばっていた。


戦後の在日社会で育まれた「焼き肉」の原点ともいえる光景だった。


カルビは韓国語ハツやタンは英語ホルモンはドイツ語に由来する。ミノは日本語だ。


焼き肉(ホルモン焼き)のメニューには多彩な文化が溢れている。


日本人はほとんど食べず、ほるモノだったから「ホルモン焼き」となった通説もある。


でも最近は、富裕層たちがホルモンの旨さを知り、ホルモン焼きに金を払っているという。


ホルモンの領域くらいは荒らすなと悔しがる庶民が多いと、聞いた・・・(笑)


(朝日記事参考・・・)


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得