ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年01月14日

「 トヨタの教訓・・・ 」

68A436E295241AC4C337E9719FA70013.JPG


生かされなかった、欠陥エアバックのタカタ。


『 車社会の米国は日本よりもリコールが社会問題化しやすく、


初動を誤ると一気に「悪玉」扱いされる。トヨタもこの落とし穴にはまった。


トヨタが大きな代償を払って得た教訓は今回、生かされなかった。


 もう一つは、生産急拡大で部品の品質管理が万全でなかったこと。


部品の共通化が進んだ結果、大量受注を裁くのに部品メーカーが苦労し、


品質管理が手薄になる構造問題を抱える。リコール危機はその根深さを象徴している』


(日経「電子版」から抜粋・・・)


PS:最近、車のリコールや他の製品のリコールが目立つのは、

   部品の大量受注をさばくのに、苦労と言うかムリをしているからなのか・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得