ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年01月19日

「 小沢昭一という文化人。 」

9876543200IMG_0.JPG


「見世物こそ芸能」が持論の小沢昭一さん・・・


DXE69DB1E5AFBA.JPG D=A0.JPG 東寺近くの老舗ストリップ劇場、「DX東寺劇場」に通い詰めた。


お目当ては一条さゆり。反権力の象徴として文化人や学生らから、


熱い支持を集めてた「伝説の踊り子」だ。最後は西成で亡くなられたと聞く・・・


 「権力の推奨する文化だけが記録・保存され、民衆の一番裾野のところにある芸能は、


記録も保存もされていない。というくだらなさには怒りを感じる」という小沢昭一さん。


 また「芸能というのは異様な風俗であり、振る舞いであるがゆえ、大衆を魅了する。


すると治安の乱れを恐れてお上は弾圧や干渉をする。それによって芸能はまた、


したたかに形を変えて生き抜いていくんですよ」・・・


(朝日記事から抜粋・・・)


PS:一条さゆりさんも見た。小沢昭一さんも見た。いい時代にいた気がしてますよ・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得