ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年02月06日

「 『21世紀の資本』・・・ 」

811NZQD8B1L.JPG


不平等の拡大を警告するフランスの経済学者 トマ・ピケティさん著。(43歳)


 3世紀にわたる歴史研究をもとに、一部の人に富が偏ることに警鐘を鳴らす。


分厚い経済書「21世紀の資本」が世界で150万部のベストセラーになっているという。 


 オバマ大統領も今年度の予算教書で、富裕層や大企業への増税分を、


中間層に優遇することを打ち出しているのはこの本の影響かもしれない。


 一方こちらも、安倍首相も打ち出してはいるが、現実的なのかどうかという疑問もある。


著者のトマ・ピケティさんは、「私の本を恐れている人たちがいる。


でも、恐れるべきなのは不平等そのものだ
」と動じることはない・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得