ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年03月08日

「 ブログ『ひとりごと』から・・・ 」

3333333KENDO01.JPG


◎僕が思う地方再生


地方再生と言う言葉がある 
自民党が言うと嘘くさく聞こえるけど
生まれた土地で暮らせることは幸せ

ぱふ

メディアの影響で都会が注目され
地方での暮らしが低く見られてキタ
この形こそ否定されてイイ

フランスにいた時
お金持ちはパリの郊外へ住む
古い農家を買い取り改造して住んでた

おいしい野菜やきれいな空気
パリの人込みから離れて暮らしていた
こういう人たちは日本好きが多い

日本食は健康にイイ
こういう本がパリでは沢山売っていた
お茶も日本茶を飲むんだよね

むふ

食事に招待された時
わざわざ日本茶出されちゃった
もっと高級なお茶でも出ると思ってた

僕は貧乏人ですから
妙な期待をしてましたね

欧州中を旅してる時
若い人はどの国も都会に憧れる
これはメディアの影響だ

好奇心がある
都会という幻想に憧れます
本当は何もない空虚な空間である

一番ひどいのが外国人が多い街
日本で言うと六本木みたいな場所だ
世界中どこにも似ています
文化がない

のっぺり

騒いでおしまし
こういう街をソドムやゴモラと言う
退廃を楽しむだけの街である

フランスの南部のアルル
TGVと言う新幹線が止まる街
小さな田舎町なんだけど

広場で地元の若者たち
大道芸人の練習をしたりしてた
僕が行った時は太鼓が流行ってた

太鼓を叩いたり
お手玉をやってたりしてたね
それが下手なんだよ

「わはははは・・」

若者は一度は旅に出タイ
しかも欧州中を旅している人だ
尊敬のまなざしで見てくれる

「エッヘン」

若者は旅をすべきだと思うけど
世の中を知りその知識を生かせる場所
出来れば生まれた故郷に生かせたい

働く場所がある街を地方に作る
大切なことなんだよね

僕は欧州を旅して日本に帰り
東北に旅行に行った時

東北の訛を聞いた時
フランス語みたいだったと思った
鼻に抜けるように発音をします

フランス語もやる
この鼻に抜けるような発音
この美しさを楽しむ言葉である

似てると思った時
訛がとても美しく感じた

地方再生で大切なこと
生まれた土地の自慢である
素敵な場所をもっと良くしたい
この思いから地方再生がはじまる

住み続けたい街
だから必要なものを作るのだ
働く場も生まれるのである

だろ?


PS:『地方再生』と言われて久しいが何か漠然としていた。

   この人の言う『地方再生』みたいなのが、いいなぁ~と思った・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得