ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年07月06日

「 『関西のインバウンド』 近畿財務局発表??? 」

welcome-103001003-.jpg


訪日客、関西でどう回遊?・・・(日経新聞から)


ナビタイムジャパンが提供する、スマホ向け英語版地図アプリを利用した


4873人の移動履歴を分析。期間は今年4月までの6カ月間。


訪日客の64%が京都府内に、57%が大阪府内に立ち寄る。


宿泊も大阪と京都に集中し、夜はミナミや河原町周辺を回遊している。


大阪市内では日中よりも夜の滞在数が多い。日中は大阪城や、


ユニバーサルスタジオ、海遊館に分散し、夜間はミナミの繁華街に集中する。


内訳は台湾20%、タイ12%、米国10%、香港9%、オーストリアとシンガポール7%・・・


※近畿財務局は、これでインバウンドを分析したと言えるのか。

  英語版の利用者であるため、中国などが抜けている。

  訪日客全体を把握してこそデーターになるし、こちらも分析ができる。

  この中途半端なデーターでは、日経に載せる必要もないわ・・・


PS:上の「いらっしゃいませ」のポスター、商売気があれば、

   当然、爆買いの中国語を大きく一番上にするべきでしょ!!!


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得