ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年07月21日

「 『抑止力』 」

3688247423_d7c499f481.jpg

「戦わない」という「抑止力」、口だけでは仕方がない。


 日本が怖がられるほど強かったら、アメリカも戦争は仕掛けて来なかった。


強くなかったから戦争を仕掛けられた。その現実をよく見るべきだ。


 中国が尖閣列島に来だした頃、アメリカは民主党政権とのすれ違いから、


防衛ラインが下がっていた。その動きに合わせるように中国が手を出してきた。


 オスプレイ17機だけを見ても、1機当たり約218億円!!!


残念ながら「抑止力」は高くつくが仕方がない。国を守るコストだ。


戦争を望まないのなら、これからもアメリカとの安保は必要で重要である。


もし中国に取り込まれても、いいというのなら話は別である・・・(笑)


PS:沖縄は琉球の時代から「清」との関係もあったが、

   太平洋戦争に負けるまでは、力関係に於いて日本が優っていた。

   アメリカ軍の沖縄上陸以降、弱い日本を金で我慢してきた沖縄の人からすれば、

   中国に組み入れられても親分が変わるだけで、何てことないはずだ・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得