ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年08月18日

「 時代・・・ 」

Earth.jpg


コンビニの製造ラインにて。


 「急いで、急いで。時間ないよ」。社員さんの口癖だ。


今日も時間との戦いが始まる。義母から継いだ食品店を一昨年に閉め、


去年からコンビニの食品製造ラインで働いている。


決められた時間までに、決められた数のおかず、サンドイッチ、パスタなどを


仕上げていくのだ。地域に親しまれ50年近く続いたうちの店は惣菜も販売し、


家庭の味が自慢だった。しかい、コンビニの材料にもこだわった、


本格的な味には、ビックリする。日々進化しているのだと感じた。


 店でのお客さんとの交流が懐かしく思えたり、寂しかったりする。


一方で、今の仕事も、色んな世代やブラジル人やベトナム人などの


スタッフのふれあいが楽しく、生きがいになっている。


 さあ、今日も頑張ろうっと。


(朝日新聞「声」の読者投書欄から65歳の女性・・・)


PS:この投書されたお母さんは、時代の節目を巧く賢く立ち回っておられる。

   ある図書館では定年退職者の間で、日経新聞が取り合いになって、

   殴り合いの喧嘩まで起きた。職員が困り果て有料図書館ができたという。

   今、奥様たちは厄介者の旦那を有料図書館へ掃き出しているという・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得