ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年08月22日

「 とあるコンビニが、 」

mnbvcxzasdfghjkyd_new1.jpg


セブンより下でローソンより上だという。


 とあるコンビニとは・・・JR東日本リテールネットが運営する


『New Days(ニューデイズ)』のことである。(上の写真)


1日の日販はセブンが65,5万円、ローソンが51,9万円、ニューデイズが57万円


大手と比べると店舗数は20分の1 以下なのになぜニューデイズは業界の2位なのか。


 主にJR東日本の駅に出店していて、以前のパサード・デザインは赤や黄色を、


基調としていたが、現在は緑をベースにした店舗を増やしつつある。


 ニューデイズの店舗面積は平均48㎡。一般的なコンビニは100~150㎡なので


ニューデイズの店舗がいかに狭いかがうかがえる。


ニューデイズの命は朝夕の乗降客が大勢いる場所での「スピード」で


コンビニみたいに、ついでにパン、ついでにおにぎりとはいかないようで、


客単価を上げるのが難しいみたい。まさに「エキナカ」立地なのだ。


・・・とあるコンビニの記事からでした。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得