ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年08月30日

「 1億円は庶民にとって大金である。 」

mjuyhntgbvfritioku.jpg


1億円は庶民にとって途方もないお金なのです。


 だから庶民の暮らしに於いて、1億円でモロモロの事が解決できなければ、


残念ながら、諦めなければならない事柄となります。


 子供の海外心臓移植で約3倍の3億もの募金をお願いしたご夫婦が、


1億と少ししか集まらず、再びテレビに出演していた。


言えば、その3倍にもなる額は、庶民としては諦めなければならな額である。


1億円という金額は、庶民にとって凄い大金となる、


1億円で解決できなければ、それは諦めるしかないのです。


 この100倍もの年収を貰っている人がこの地球上に沢山いること。


このことこそ、庶民たちが考えて行かなくてはならない問題なのです・・・


PS:持ったことがないので、1億円というお金の重さは分かりませんが、

   重いということくらいは感じておく必要もあるかな・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得