ファミマル公平のひとり言

戻る

2015年09月04日

「 ことわざから・・・ 」

MJYHBGTFRDXZAQ1117-46.jpg


だんだん良くなる法花の太鼓

・・・だんだん大きくなって行くように、事態が次第に良くなって行くこと。



もともとは、『だんだん良くなる仏の太鼓』だったようで、


仏教で鐘や銅鐸などの不協和音をガンガンやると思考能力が無くなって、


悦楽の世界に入って行くそうです。


(道理で、復活したマハラジャやヘンな宗教などもこれをマネた)


だんだん性的にもエクスタシィーに達し。。。。。


てな具合で仏様の前で乱交などもあったらしいです。。。。。


(道理で、脱法ハーフやおかしな薬も使わないから身体には良い)


それは仏教のみならず、八百万の神々のころから有った風習みたいです。


(道理で、お坊さんと呼ばれる人は、どうしょうもない!というアレ)


だから、神主系の苗字が多いのです。


できちゃった後始末で、新宅という形で外に出してしまったのですね。


(ヤフー知恵袋「ベストアンサー」から・・・)


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得