ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年01月22日

「 世界の格差広がる。 」

富裕層62人=下位36億人


国際非政府組織(NGO)オックスファムは18日。


世界で最も裕福な62人と、世界人口の半分に当たる、


下位の36億人が保有する資産は同じ。


「世界の上位1%が残りの99%よりも多くの富を持つ状態になった」


と警告した。


またオックスファムは、富裕層の個人資産は租税回避地に、


7兆6千億ドル(約890兆円)あると推定。


「租税回避地の活用が富と権力の集中に拍車をかけている」


と指摘する一方、各国政府に支払われるべき税金は、


毎年、計1900億ドルに上ると試算した。


その上で、富裕層が租税回避地を上手く使って税を払わないでいる。


税を払わせることにより、年間400万人の子供の命を救えるという・・・


(19日・産経新聞記事から)


「金持ちをどこまで裕福にすればいいのだろう?」


・・・これは決して無意味な言葉ではない。


2008年ノーベル経済学賞受賞・ポール クルーグマンさんの言葉。


(22日・朝日新聞「クルーグマン・コラム」から・・・)


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得