ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年02月05日

「 久しぶりの。 」


「ほぼ日刊イトウ新聞」から、糸井さんのことば・・・



 一生、ひとつの人生ではあるのですが、


ひと色の人生である必要はないですよね。


ほんとうに大切なだれかと、


別れなければならなくなったとしたら、


その別れの後のあなたは、


前のあなたじゃなくなっている、とは言えませんか。


それはわるいことばかりでなく、


もうひとつの色に人生として、生まれ直している。


そういうものかもしれないと、思うのです。


ずっと同じわたしです、というのもありますが、


その機会に生まれ直したいのかもしれない、と、


お別れした人に報告してもいいんじゃないかな。


新しい靴に履き替えたら、ちがう道を歩き出した。


そんなことが、あったほうがいいように思えています。


PS:生まれ直すのが上手なのが女性たちであり、

   ヘタなのが男どもであります。。。


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得