ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年02月29日

「 「自民党では限界なのです」・・・身に染みる斎藤さんの言葉。 」

98765430301.gif


斉藤さんのブログ「ひとりごと」2月25日木曜日から


中国に狙われ続けたシャープ


突然シャープは買収されてない
かなり昔から狙われていた会社だった
ホンハイの買収の陰にミエルことだ


( - ゛-) ぱふ


僕がシャープの買収話し
中国の人から聞いたのが2001年
どこが将来苦しくなり買えるのか
企業家は夢も含めて描きます


シャープの名前が出ていた


スキの多い会社だとも見抜かれてた
ソフトバンクの孫正義を支えた人
シャープの副社長だった人だ


技術力があり
金に弱い体質もある
仲良くやって行けそうだと読む
自然なことだ


はっきり言うけど
日本政府はシャープを切り捨てた
台湾ではなく中国へ売ったのである


米国なら会社ごとは売りません
たぶん分割して売ったと思いますね
安全保障を考えるからだ


米国はIBMのパソコン部門は売る
軍事車のハマーと言う車も売る
売っても最新技術ではない
驚異にならんと考えた


日本のシャープはどうか?
日本政府は安全保証上の配慮はない
まったくミナイで売却している


競争の自由とか思ってるのだろう
日本政府はバカ丸出しだよね


何が安全保証上の驚異か
検討する者たちもいませんからね
官僚らがごにょごにょ言うだけ
研究してるわけでもない


そう言う中で政治家も判断する
経済的な視点だけのアドバイスを受け
関与を避けます


えっと思うようなことをする


だって中国の驚異が高まってる
日本へ攻撃が仕掛けられている最中だ
尖閣もそうだし日本のシーレーン上
軍事基地を作られている


中国は経済状況が落ちている
これは中国の覇権主義を押さえる
このチャンスとも言える


こんな時になんで売却する?
どんな戦略を日本は描いたのだ?
まるで中国を利する動きである


台湾のホンハイは中国資本である
米国なら全体は売らないだろう
経済で追い込み押さえる
チャンスだからだ


売っても
問題ない部分だけ切り売りする


日本政府は信用できない政府である
戦略的な動きが見えません


日本人からも信用されない政府
困った人たちが多い


国民に対する事実の隠蔽
隠蔽により注目を集めないようにする
これがこの国の安定の仕方だ


昔からそうなのです


北海道では中国資本が山を買いあさる
こんなのは2001年から知ってる
日本政府も知ってるのです


竹中平蔵は言う
日本が米国で買い漁ったのと同じ
いずれまた売られるとね


この人は勘違いしている
米国はなんでもかんでも売ってない
売っても安全保障上問題がない
そう言うものだけ売った


「・・・」


国家を守る意味
日本人は知らないのである
売っても大丈夫なものもあるけど
ダメなモノもあるのです


これを精査して守るのが政府の仕事
日本は独立国として足りない機能
沢山あることがミエル


米国の傘の下にいた方が費用が安い
金儲けができる的な発想が強い
このことがミエル


一国だけで守るのではなく
他国と連携して安全保障を高めておく
大切なことだけど日本はちょっと違う
独立国として必要な機能まで
失っているのです


僕は日本はこうなると思っていた
日本人が日本人を潰してキタのである
結果日本は人材不足になった


独立国としての覚悟のない国
そんな国になったのです


覚悟をもち取り組める人
これは資質がないと無理である
誰でもができない


政治家も小粒・企業家も小粒
タレントも小粒・時代を背負える人
この人だと言う人物がミエナイ


「うぷっ」


恐ろしい国になりましたね
僕は嘆くことはしません
笑いたいと思います


笑い飛ばし
無能な政治家を当選させない
まずは日本の驚異を国民に持たせる
政権交代させることだ


日本が終わると思った時
国創りがようやく始まるだろう
もう限界である


自民党では限界なのです
小粒を通り越し腐った豆どもだ


ミ((((( ̄○ ̄) ぷり


(29日現在、シャープとホンハイ、まだ正式契約には至っていません)


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得