ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年03月16日

「 続、巨人の野球賭博・・・ 」

YJIMAGE.JPG


博打につながった可能性 (スポーツ評論家・玉木正之さんの意見)


 『情けないとしかいいようがない。活躍に応じた年棒制度があるにもかかわらず。


こんな幼稚なことでしか気持ちを保てないのだろうか。


「ゲン担ぎ」と堂々と言う球団のレベルの低さにもがっかりした。


 毎試合、組織的に現金のやり取りが行われていたことになり、


こうした慣習が野球賭博や裏カジノに手を出す入り口になっていた。


公表しなかった巨人、NPBの対応にも疑問を覚える。


 まだ何か隠しているのではとファンは疑う。野球業界をおとしめる事態。


NPBは開幕を遅らせても、徹底調査すべきだ。』



良く考えると、野球選手も毎日野球浸けの‟スポーツ馬鹿”に入ってる。


アドレナリンが多いので、博打に手を出しやすい人たちも多いだろう。


臭いものに蓋をしないで、このまま開幕を遅らせてでも、


ウミを出すべき時であると、野球ファンの一人として思ってる。


何だかんだ言っても、日本人と野球は切り離せない関係・・・


いま朝日新聞が、あの慰安婦問題の間違いを取り戻す勢いで、


巨人の野球賭博を、一番突っこんだ記事にしてる。 間違ってないと思う・・・


.

.

.



コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得