ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年04月09日

「 新宿歌舞伎町のゴジラが『イソジン』でうがいをしている。 」

8D66F33D1D84078BB827F60AC719F74C-710X474.JPG


実物大のゴジラのオブジェがうがいする姿に変身した。


・インバウンドの中国人狙いなのか、中国の人に「イソジン」が良く売れている。


・地球で生まれた生物である以上、ゴジラもウイルスに感染する可能性がある。


・巨大コップの「イソジン」の量・・・約30トン


・この量を人間の大人がうがいに使用する場合・・・約50万回分


 本当は、ゴジラは被爆国の日本から生まれた、


 『核廃棄のシンボル』なのです。


 この国の政治家はアメリカばかりを見ていたので、


 昭和29年ごろ、映画界が力を合わせて作った、


 日本人の『心意気』の塊りみたいなものです。


 その後、福島原発事故を起してしまって、


 『ゴジラ』には、誠に申し訳ない気持ちあります・・・


.


.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得