ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年04月07日

「 拝啓、糸井重里社長様・・・ 」

5B5EE1D7B7A75169A6900CD375A34923.JPG


大ファンである、糸井重里さんの会社が「上場」する希望があるという。



「上場」するという思いを聞いて、なぜだろうと疑問が沸いた。


・糸井さんは、もっと会社を大きくしたいの?


・グローバルに世界に打って出たいの?


・糸井さんの思いのある仕事は、もっとお金がかかるの?


・ほぼ手作業でやってきた仕事に疲れてきたの?


・株主や投資家からは口出しもされるのに、それでいいの?


・『親分の我がままルール』 じゃ、いけないの?


 「上場」することにより資金の調達が容易になるというが、


糸井さんの会社だと「上場」しなくても、十分なはず。


「上場」すると社会的に信用度が増すというが、今でも信用がある。


取引先の条件として資本金幾ら以上の上場企業というように、


定めている会社もあるというが、「ほぼ日」を見てると一目同然いい会社。


今までに上場した会社を見ても、カネ・カネ・カネのそれだけのようで、


金は儲けてはるが、いい会社だとは思わない。


株式会社東京糸井重里事務所は、そのままで、そのままで。


カッコよくて、憧れですよ!糸井重里社長さま・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得