ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年05月19日

「 朝日新聞・5月17日の記事から・・・ 」

O0326036413620360821.JPG


セブンHD騒動の発端は「企業統治の認識にズレ」と、いうが。「企業統治(コーポレートガバナンス)」・・・第一、株主主権の原則なんて意味わからん。経営者による違法行為の防止といっても大企業さえ平気でやっとる。より効率的な企業運営を目指せというが、要するに経営者の気持ち次第で周りが機能したことも今までにあまりなく、企業統治風な企業ばかりというのが現実である。


◎鈴木敏文さんから、日本中の社長に『贈る言葉』。


「社外取締役の言うように5年連続最高益の社長を代えられないのが、


常識かもしれない。だが、経営は過去の延長線上で考えてはいけない。


5年先、10年先を見すえた時には彼(井阪氏)の仕事は不十分。


毎年利益を出すためには、どう店を変えていくのか大きな方向性が必要」


PS:鈴木さんの言う「経営は過去の延長線上で考えてはいけない」は、

   肝に銘じておく言葉かな。過去の延長線上で考えている大企業が、

   ことごとく、壊れてきているというのも本当のところだ・・・


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得