ファミマル公平のひとり言

戻る

2016年06月19日

「 『風林火山』は現代の創作と呼ばれている・・・ 」

300PX-MAN_AND_WOMAN_UNDERGOING_PUBLIC_EXPOSURE_FOR_ADULTERY_IN_JAPAN-J._M._W._SILVER.JPG


不倫した者同士とお互いの家庭が、

 くんずほぐれつ火の山となり、

 週刊誌やマスコミの餌食となる。

 これを『不倫火山』と呼ぶのである・・・?


大江戸時代。


不倫は不義密通として公衆の面前にさらされた。


現代と何ら変わりないところが、何んとも面白い。


現代は不倫を暴けば金儲けができる時代である。


不倫する男はというと、金にからむセクシーさがあり、


不倫する女はというと、妻にない優しさを見せびらかす。


男女の中の不倫なんて社内結婚みたいなもので、


何んらかの糸口で燃え上がるもの。


不倫できる出来ないは、そういう機会に


巡り合うか合わないかの違いだけ。


・・・『コイツ何、言うてんねん?』


・・・『ZZZ~~~


.

.

.




コメントを投稿

( コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。)



FCコンビニエンスストア経営 有限会社公平事務所
今月のランチミーティング コンビニエンスストア加盟店の親睦会です。詳細はこちらから。

過去の記事

フィードを取得